企業情報
採用情報2014 KOBE旬活ナビ プレテックのお問い合わせはこちら プレテック株式会社

■本社
  兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町27-8
  TEL.078-453-0012
  FAX.078-453-0014

■三木工場
  兵庫県三木市別所町巴18
  TEL.0794-83-4790
  FAX.0794-83-9797

     

TOP > 企業情報

日本初の国産車登場から5年、1919年にプレテックは誕生しました

日本初の国産車“脱兎(だっと)号”が登場したのが1914年。 その5年後の1919年にプレテックは多田鉄工所として誕生しました。 当初、神戸を拠点に自転車部品生産の草分けとして創業し、 以後約 90年間、独創的な技術とものづくりに対する熱い想いは脈々と受け継がれています。弊社でつくられた部品は、ほぼ全ての国内自動車メーカーに納入されており、 豊富な経験と実績、柔軟な発想を持つプレステクノロジーの専門会社として、今日もいいものづくりに邁進しています。

代表取締役社長  多田 修

品質方針

仕事スローガン

環境方針



                      

                         I

【基本理念】
我々は自動車部品製造を中心とする事業活動を通じて、地球環境との共生と調和を大切にし、全社員が『いいものづくり』の
                              心を持って、誠実に次の世代に つながる環境配慮活動を実
                              践します。

活動方針

会社概要

商号 プレテック株式会社
創業 1919年9月(大正8年)
設立 1960年4月19日(昭和35年)
取引銀行 みずほ銀行 灘支店
三井住友銀行 甲南支店
みなと銀行 住吉支店
資本金 3,600万円
主要取引先 ダイハツ工業株式会社
株式会社ハイレックスコーポレーション
アルインコ株式会社
  株式会社カネシン
株式会社神菱
株式会社ニチリン
代表者 代表取締役社長 多田 修
売上高 12億6,000万円(2017年 3月期)
従業員数 74名(2017年7月現在)

会社沿革

1919年9月
(大正8年)
神戸市中央区吾妻通にて多田茂兵衛が個人創業し 自転車プレス部品の製造開始
1949年4月
(昭和24年)
合名会社 多田鉄工所を神戸市灘区岩屋南町にて設立
1957年6月
(昭和32年)
神戸市東灘区住吉南町に工場移転
1960年4月
(昭和35年)
株式会社 多田鉄工所に組織変更、代表取締役に多田美治 就任
1968年11月
(昭和43年)
神戸市東灘区魚崎浜町(現本社所在地)に工場移転
1979年11月
(昭和54年)
兵庫県三木市別所町巴(三木工場公園)に三木工場を建設、操業
1980年9月
(昭和55年)
代表取締役社長に村上雅英 就任
1982年10月
(昭和57年)
三木工場にて自動車部品の製造開始
日本ケーブルシステム株式会社 (現株式会社ハイレックスコーポレーション)と取引開始
1988年8月
(昭和63年)
プレテック株式会社に社名変更
1990年7月
(平成2年)
株式会社神菱と取引開始
1992年11月
(平成4年)
株式会社ニチリンと取引開始
2000年6月
(平成12年)
代表取締役社長に多田正信 就任
2001年6月
(平成13年)
ISO9001:2000ver認証取得(三木工場)
2005年3月
(平成17年)
売上高 10億円突破 (2004年度 10億7千万円)
2008年6月
(平成20年)
ISO14001認証取得(三木工場、本社)
2009年5月
(平成21年)
ISO9001 本社工場 追加認証取得
2010年5月
(平成22年)
代表取締役社長に多田 修 就任
2011年6月
(平成23年)
インドネシア法人(PT.PRETEC INDONESIA)設立
2012年6月
(平成24年)
アルインコ株式会社と取引開始
2013年6月
(平成25年)
ダイハツ工業株式会社と取引開始
2014年11月
(平成26年)
株式会社カネシンと取引開始

事務所・設備

三木工場 本社工場
敷地面積 10,703u(3,238坪) 1,652u(500坪)
工場延面積 2,351u(711坪) 1,052u(318坪)
製造設備
順送プレス
・300トン(ダブル)2台
(2台共 型内ピアスナット供給装置付)
・200トン(ダブル)2台
(内2台 型内ピアスナット供給装置付)
・110トン(シングル)4台
(内1台 型内ピアスナット供給装置付)
(内1台 型内タップ装置付)

順送プレス
・150トン サーボプレス 1台
・150トン(シングル) 1台
・80トン(シングル) 1台
単発プレス
・35トン 2台
・25トン 1台
・15トン 1台

単発プレス
・110トン 1台
(ダイクッション付)
・45トン 1台
・35トン 3台
油圧プレス(10トン〜30トン) 3台
スポット溶接機 10台
内、熟カシメ専用機 2台)
タッピングマシン 5台
リベッティングマシン 3台
油圧プレス(30トン) 1台
シャーリング(4.5t×2m) 1台
スポット溶接機 4台
円周アーク溶接機 1台
タッピングマシン 2台
金型設備 2次元CAD/CAM(キャムタス) 1台
ワイヤーカット(西部電機) 1台
その他各種工作機械
3次元CAD(キャムタス) 2台             (C&G) 1台
2次元CAD/CAM(キャムタス)1台            (C&G) 1台
ワイヤーカット(西部電機) 1台             (三菱) 1台
マシニングセンター(OKK) 2台
その他各種工作機械
その他設備 3次元測定機 1台
引張圧縮試験機 1台
膜厚測定器 1台
3次元測定機 1台
引張圧縮試験機 1台